車検の種類

一般的に私たちが車検(自動車検査登録制度)と呼んでいるものは、継続検査と呼ばれる種類に分類されます。自動車やバイクに乗るために法律上義務付けられている検査です。国土交通省がディーラーや修理工場、検査場などを通じて、それぞれの自動車や自動二輪車が安全に走行できることを証明するために、自動車検査証を発行するという仕組みです。

ディーラー車検はディーラーないしは修理工場で検査を行う方法です。定期点検整備も合わせて行うことができるため、車検をきっかけにメンテナンスができます。費用は高いものの必要に応じてパーツ交換等を行いながら乗り続けることができます。長期間乗りたいという方には適した方法です。

ユーザー車検は自分で行う継続検査の方法です。直接検査場に持ち込むため費用が安上がりで済みます。定期点検や記録簿の作成を行う必要があるため、検査にパスするための難しさはあるものの、テスター屋などで依頼すれば一回で通ります。途中で業者に委託するとある程度の費用は掛かってしまいますが、ディーラー車検のコストよりも安く抑えられるのが特徴です。

ディーラー車検もユーザー車検も一長一短。前者はコストが高い代わりにメンテナンスが重視され、後者は費用が抑えられる代わりにパーツ交換は疎かになってしまいます。どちらかが完全に優れている、劣っているというものではなく、それぞれの長所と短所を理解しながら車検の方法を考えると良いでしょう。当サイトでは両方のメリット・デメリットをご紹介します。

■特集
ネットで簡単に車検の予約が取れるホリデー車検のサイトです >>> 車検予約

ディーラー車検

ディーラー車検は車検の方法のひとつ。ディーラーへ自動車を持ち込み、定期点検整備および継続検査を依頼するというものです。運輸支局に持ち込むというユーザー車検との違いについて比較してみましょう。 ディーラー車検は、自動車やバイク・・・

ユーザー車検

ユーザー車検は1990年頃から一般的に普及した方法です。車検にかかる費用低減を目的に行う利用者が多くなったこと、法律的にも規制緩和が行われたことから車検場でも受け入れる環境ができたことから、車検(継続検査)を実施するためにスタンダー・・・